よくある質問

よくある質問  

 

Q1.「もしもし検定の研修料金の中にテキスト代は入っていますか?」

A1.「テキスト代と補助資料が含まれています。」

( 例) 3級:テキスト、ビジネスマナー常識度判定問題、個人情報保護法資料等

2級:テキスト、調停人養成講座基礎編、よくわかる個人情報保護の仕組み改訂版等

1級:テキスト、調停人養成講座中級編、小論文テキスト、もしもし検定1級論文過去問題ポイント等

その他 希望者に研修終了後電話実技指導(1~3級) 論文指導(1級)を追加料金なしで指導

 

Q2.「もしもし検定の研修の進め方を教えてください」

A2.「グループ討議、ロールプレイング(マナー、電話応対、アサーション、メディエーション等)を多くとりいれた参加型研修です。

1級では、論文練習時間や、電話応対の評価練習時間もあります。」

 

Q3.「もしもし検定は、3級から継続して受ける場合や数人で受講する場合、割引等はありますか?」

A3.「弊社で継続して上の級を受講いただいた場合、割引しています。また複数3人以上の受講の
場合も割引があり
ます。分割払いも可能ですのでご相談ください。」

 

Q4.「マナー、電話応対等の研修を依頼した場合、テキストは決められたものですか?」

A4.「基本の内容はありますが、ご依頼いただいた企業様の問題点、課題、理想とする姿等を伺い、
ご要望に
お応えできるようご依頼いただいた企業様版のテキストを使用いたします。」

 

Q5.「研修を依頼した場合の流れを教えてください。」

A5.「講師が御伺いし、ご要望等をお伺いいたします。その後、弊社でカリキュラム案を作成し、
再度 打ち合わ
せをさせていただき、研修内容を再検討し内容を詰めさせていただきます。そこで
カリキュラムの最終案を
決め、テキスト作りに入ります。」

 

Q6.「研修終了後の報告関係は、どの程度まで作成してくれますか?」

A6.「研修内でグループ討議した内容の纏め、アンケートの纏め、研修スタート時にご要望頂いた
内容を分析致し
ます。また、電話応対研修の場合、事前に電話応対診断を実施した場合には、研修終
了後の成果も確認し
ご報告致します。」

 

Q7.「新入社員研修は、決まったテキストですか?」

A7.「官公庁様は決まったテキストですが、民間企業様の場合、民間企業様用の決まった内容をご
覧いただき、
各企業様が力を入れたい内容を多く取り入れる等の対応をしております。」

 

Q8.「コミュニケーション、マナー関係の研修は、企業向けだけですか?」

A8.「病院の職員の方、区役所等で企画する会話力スキルアップ、地域からの依頼では、認知症の方々とのコミュニケーションの取り方も実施しています。また、学校等でのマナー研修、入社に備えた模擬面接の練習、介護施設の職員の方々等にも実施しています。」

 

Q9.「研修は、地方にも出張してくれますか?」

A9.「はい、現在も北海道から九州までお伺いしています。」

 

Q10.「研修は、土曜日や日曜日・休日でも実施してもらえますか?」

A10.「お引き受けしています。いつでもご相談下さい。市、区等の住民の方々向けのセミナーでは、
特にそういった
ご依頼が多いです。」

 

トピックス