もしもし検定とは

「電話応対技能検定(もしもし検定)」は、「お客様に喜ばれるビジネス電話応対」の実現、電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度です。
オフィスKEIでは人を思いやり、自分の考えを持って行動できる人間になることを目指して、もしもし検定に取り組んでいます。様々な場面や人によって臨機応変に応対することができる、様々なビジネスシーンで役立つコミュニケーション能力の向上をサポートします。

office KEI logo

受講生の声

moshimoshi_reaction_icon

とても範囲が広く、不安もありましたが、ここで得た知識は今後仕事していくうえで必ず 役に立つと思います。 アサーションやカウンセリング、コーチングなど、指導をする立場である私にはとても役立つ内容でした。日々の業務に活かしていきたいと思います。

moshimoshi_reaction_icon

敬語の基本や、自分の話し方の癖などを見直すきっかけになった。聴くことの大切さも良く理解できた。

moshimoshi_reaction_icon

丁寧に分かりやすく、また、色々な体験談などを織り交ぜて講義していただき、今後の電話応対に生かしたいと思いました。

主な実績

2009年から2019年4月までの受講生総数  1047名
2017年合格率 全国2位
2019年 受講生数 全国2位 合格率 全国4位

トピックス